健康のために栄養を効率よく摂ろう

健康な体の維持・増進には、規則正しい生活を心掛けることが大切です。また、食事内容も大きな課題になります。なにかと忙しい時代にあって、ファーストフードなどで食事を済ます人もいるかもしれません。しかし、体のことを考えたうえで、必要な栄養を効率よく摂取するように心掛けましょう。

酵素をたっぷり補おう

私たちが生きるためには酵素は不可欠で、日々の食事によって補う必要性がでてきます。ただし、酵素は熱に弱い性質があるため、生の状態で摂取することが大きなポイントです。このような理由からも、新鮮な野菜や果物で作ったジュースが注目されています。

[PR]プライベートブランドをチェック
商品と価格を調べちゃおう

[PR]スロージューサーの基礎知識♪
野菜不足を補おう!

スロージューサーを使うことで得られるメリットをご紹介

飲み物

スロージューサーの特徴

ジュースを作るときは、電化製品選びも大切です。食材の持ち味を最大限引き出すためには、それらの栄養素をまんべんなく摂取できるスロージューサーをおすすめします。スロージューサーは低速ジューサーとも呼ばれ、よくある一般的なジューサー(高速ジューサー)よりもゆっくりと回転するところに大きな特徴があります。また、スロージューサーに付いているスクリューは鋭利でないものが多く、洗うときの安全面でも注目されます。スクリューは低速で回転しながら食材をすりつぶしていきますが、運転音が比較的静かなことから、同居家族などに気遣う心配も少ないでしょう。フローズンスイーツ、果肉入りジュースなどを作れる機種もあるため、購入時の参考にするとよいでしょう。

スロージューサーでジュースを作るメリットとは

ジューサーによっては葉野菜など軽い食材は浮くことがありますが、スロージューサーはそのような課題にも対応しています。また、食材をジューサーで搾ると「ジュース」と「搾りかす」とに分かれて出てきます。スロージューサーは徹底的に搾るため、食材に含まれる栄養素の効率的な摂取に役立ちます。作りたてのジュースが分離しにくいことや、泡が少ないことも大きな特徴です。ほかにも、スロージューサーは回転速度にも注目されています。スクリューがゆっくり回るため、空気の混入が少なく、野菜や果物が酸化しにくいことが大きなメリットです。さらに、食材とブレードの間に摩擦熱が生じないため、酵素が壊されないのがうれしいですね。ちなみに、ジューサーのカッター回転数は1分間に8,000~15,000回ですが、スロージューサーのスクリュー回転数は100回未満です。

毎日の栄養をジュースで補給しよう

体に必要な栄養素を摂取するためには、毎日の食事内容が大きなポイントです。また、不足しがちな栄養素は、手軽に飲めるジュースで補給しましょう。ジュースなら野菜や果物で簡単に作れるほか、食事の時間がないときなども手軽に飲みやすいですよね。