発毛剤は使い方次第で効果が実感出来る|おすすめの使い方

男の人と女の人

薄毛の対処方法

髪の毛

使うときの注意点

発毛剤や育毛剤などは、薄毛予防や薄毛改善に優れた効果があります。特に発毛剤は発毛を促進する効果があるので、病院に行かずに薄毛を治したい人におすすめです。発毛剤には医療用医薬品と、第一類、第二類、第三類医薬品があります。医療用医薬品はクリニックで医師に処方してもらうことで手に入ります。第一類〜第三類医薬品は薬剤師がいる薬局で購入することができます。はじめて発毛剤を使う場合は、手始めに薬局で手に入るものがおすすめです。薬剤師に相談すれば、自分にあった発毛剤を紹介してもらうことができます。インターネット経由でも購入することができますが、相性が悪いと効果がでない場合があります。すでに薄毛が進行している場合は医療用医薬品でケアをするのがおすすめです。

遺伝性の薄毛

薄毛は遺伝、男性ホルモン、食生活、ストレス、喫煙などが原因でなりやすい病気です。遺伝で薄毛になることはよく知られています。薄毛の遺伝子は、父方からではなく母方から受け継がれるというデータがあります。つまり母方の祖父や曾祖父がはげているとはげやすいということです。しかし「遺伝だから」と諦めてはだめです。今は薄毛の遺伝子も克服できる時代です。遺伝性の薄毛の場合、「5αーリダクターゼ」活性度の高さが遺伝されます。多くの発毛剤にはこの5αーリダクターゼを抑制する効果があります。発毛剤でなくても、男性型脱毛症の治療薬でも同じような効果があります。母方の家系に薄毛の人が多い場合は、早めに発毛剤などでケアを始めることをおすすめします。